【パグフェス通信 vol.3】だいきちとパグフェスと私たち

投稿日:

3月19日にめでたくうちの子記念日を迎えたパグフェス実行委員長だいきち・ファンク・ジュニアこと「数多くの肩書きを持つオトコ」です。おはようございます。

(代表パグ締役社長、ウンチングスタイルオブザイヤー審議委員長、アゴのせオブザイヤー審議委員長、docdogいぬくつアンバサダー、パグ界のキムタク、ちょいベロ王子 etc.)

うちの子になった当時のふてぶて写真!

 

さて。

昨日の19:00にパグフェス2020の申込(1次)を開始したところ100分で100頭ものパグたちが集まってくれました。コロナの反動なのか、パグとパグラバーズは楽しいこと(とおいしいもの)に飢えていて本当に最高です。

「飢えこそが野生におけるベストコンディション」とはよく言ったもので、たのしいこと(とおいしいもの)をいつも探しているパグとパグラバーズは、今日も絶好調ですね。ステキです。

お申し込みいただいた方には一週間後くらいを目安にチケット購入のご案内と、名刺制作のご案内を差し上げますので、ご対応お願いします。2次申し込みは4月中旬ころ30枠程度を予定しています。

 

だいきちとパグフェスと私たち

パグフェスの中身については、来週以降またアップデートしていきますが、本日は最初なのであらためて、「そもそもパグフェスって?」や「どんなヒトがやってるの?」といったややプリミティブな内容についてお伝えします。

1才にしてなかなかの貫禄をみせるだいきち

 

ちょうど昨年の今ごろ、公益財団法人アニマル・ドネーションさんが「Story with PET」というオンライン上での企画を行なっていました。

愛犬や愛ネコなどペットとのエピソードを投稿すると、投稿に応じて犬猫の社会活動団体などに自動で寄付がされるというステキ企画。わが家もせっかくなので投稿してみたところ、なんとなんと見事グランプリに選ばれました。投稿した内容はコチラ↓

ここからが本題です。そのグランプリの副賞として「映画『駅までの道をおしえて』のスタッフが短編ドキュメンタリー動画を製作します」があったのですが、その短編動画がついに完成しました。一年越しです。

撮影には、だいきちの一番最初にできたパグ友だち げんたファミリーにもご協力いただきました。主演だいきち・ファンク・ジュニア、助演 げんた となっております。

だいきちのこと、パグフェスのことなどなどエラソーに語っています。ぜひともご覧ください。

パグフェスに参加されるパグたちみんなが太く濃く生きてくれたらなぁと思うばかりです。

▼•谷•▼ ▼•谷•▼ ▼•谷•▼

Story With PETに投稿したタイトル「そしてパグフェスへ」はご存知ファミコンの名作ドラクエ3の「そして伝説へ」からいただいています。パグフェス2020も「あの伝説の」と言われるように企画進めていきますので、今後のさまざまな発表をお楽しみに!

それではみなさま、健やかにお過ごしください。Pug & Peace!

 

 

撮影協力いただいたげんたとさーちゃんのインスタ↓

-Daikichi’s Life, PAGFES2020

Copyright© Pug & Peace , 2020 All Rights Reserved.