2020年のだいきちで打線組んでみた

投稿日:

自動で作られたベストナイン画像がイマイチピンとこなかったので、自分で2020年のできごとベストナインで打線を組んで振り返ってみることにしただいきちです。

自動で機械的に作られたベストナイン

 

だいきちの選ぶ、2020年だいきちの出来事ベストナイン

1(中)パグの横顔たまらん協会
2(二)デベソの手術
3(遊)ALL YOU NEED IS PUG
4(三)パグ界の年末3大タイトル決定戦
5(右)パグ・レボリューション20'
6(一)新春パグ祭2020
7(左)スカジャンだらけのクリスマス会
8(捕)パグフェス中止
9(投)Story With PET

(中継ぎ)パグ・ファントム2020
(抑え)ドマソニ2020

それでは一つずつ振り返ってみたいと思います。

 

1(中)パグの横顔たまらん協会

みんなで「たまらーん!」と声をかけあって盛り上がった「パグの横顔たまらん協会(PPPA)」。ファーストクラスのスーパーフルフラットシートよりもフラットなパグの横顔にたっぷり魅了されました。この流れから年末の「横顔たまらんオブザイヤー」も生まれるなど、とっても楽しめたコンテンツでした。「つまらん毎日にたまらん横顔を」とまでは考えてなかったけれど、なんかいい響きなので、最初からそう考えていたことにしておきます。

 

2(二)デベソの手術

8月。一年くらいかけてじわじわと大きくなってきたにっくきデベソの手術に踏み切りました。手術自体もそうだけれど、外泊の得意でないだいきちにとって2泊3日の入院もなかなか心配なところ。ところがどっこい手術の翌日には開店前の島忠ホームズ(※動物病院が島忠の中にある)の中を悠々散歩していたと聞き、さすがナイスミドルは落ち着きが違うなぁとしみじみ。

手術直後はギャランドゥも綺麗さっぱり剃られてなくなっていたけども、気がついたらもうすっかり生え揃い、お腹の中の吸収糸もどうやら溶けてなくなったようです。たかがデベソ、されどデベソ。来年はできれば手術などすることなく元気に過ごしてほしいもんです。

 

3(遊)ALL YOU NEED IS PUG

パグフェスをより思い出深いイベントにするべく初めての曲作り(作詞)に挑みました。Aメロの歌い出しのところの「”ぶさかわ”の”ぶさ”を取る気がないなら いっそブサイクのほうがすがすがしいぜ」という歌詞がとても気に入っていて、そこが書けた後はわりとすんなりと進んだような気がします。みんなのフガフガ動画を集めて作ったPV(パグビデオ)もとてもお気に入り。今年は開催できなかったけれど、来年のパグフェスでテーマ曲としてみんなでフガフガできるのが楽しみです。

 

4(三)パグ界の年末3大タイトル決定戦

記憶に新しいオブザイヤー決戦。昨年に引き続きの「ウンチングスタイルオブザイヤー」、「アゴのせオブザイヤー」に、新設の「横顔たまらんオブザイヤー」を加えトータル3部門で覇を争いました。投稿された写真はどれも素晴らしく、(おそらく)応募された全ての作品に「たまらーん!」「Have a nice BEN!」「ナイスオーン!」とコメントできたんじゃないかなと思っています。なかなかお会いできない方々とも活発にパグ・コミュニケーションがとれてとてもたのしいので、来年は夏にパグフェスと絡めて別部門も開催してみようかなと。ふふふふふ。

 

5(右)パグ・レボリューション20'

11月、フクロウの森で開催したパグレボ20。2020年は、春のパグスプリング、夏のパグフェスが中止となってしまったので、パグ&ピースのイベントで2年連続開催となったのは実は秋のこのパグレボのみ。念願だったBBQも開催できたし、初めましての方々とも多く会えたし、宇宙兄弟のアポちゃん手ぬぐいも作れたしで、それはそれは楽しい1日となりました。テーマ曲の『パグ・レボリューション89』は宮沢賢治の詩から引用したり、阿部寛の「結婚できない男」からの「テルマエロマエ」流れなど、なかなかこだわって作ったけど誰も気づいてなさそうなのでここで自分で記しておきます。

 

6(一)新春パグ祭2020

2020年はここからのスタートでした。イベントで実施するコンテンツを何か考えなきゃなぁと思いながらなかなか思いつかず悩んでいたときに、やぶれかぶれ的に思いついた「新春パグ男レース」が大ハマり。謎の覆面レスラー パグ・マスカラスも大活躍でした。新春らしいおめでたい名前の持ち主 だいきちですが、同じくおめでたい名前の持ち主 笑吉(にこきち)に写真撮影のときに前に出られて悔しい思いをしたのもこのイベントでした。よく考えればサブタイトルに「笑う門にはパグきたる」とつけていたので、最初から笑吉のためのイベントだったのかもしれません。チクショウ笑吉め。

 

7(左)スカジャンだらけのクリスマス会

こちらも記憶に新しい12月。スカジャンのキラキラ感でクリスマス感を演出しようという試み。昨年10頭くらいから今年は25頭くらいへと、着実にスカジャン野郎が増えてきました。今年はカインズさんでスカジャンの販売がなかったため、スカジャン探しに苦労したパグさんも多かったようなので、潜在スカジャンニーズはまだまだありそうだなと踏んでいます。スカジャンをイメージして描いたパグプロレス柄は今年描いた中でもかなりお気に入り。カインズさんに期待しつつ、来年また元気にみんなでスカジャン着て集まりましょう。

 

8(捕)パグフェス中止

本当なら2020年の打線の中軸には、4番サード パグフェス2020がどーんと座る予定だったけれど、今年は残念ながら開催見送り。ただ、開催自体はできなかったけれど、パグフェス実行委員会のみなさんと、コンテンツを考えたり、デザインを考えたり、パグソングを作ったり、事前イベントの企画・下見などをしてみたりと、イベント開催までのいろいろなプロセスこそが最高のコンテンツだなと改めて感じました。今年開催できなかった分来年はきっとすごいことになると確信をしております。

 

9(投)Story With PET

アニドネさんの企画の賞品として作成いただいたこちらの動画。今また久々に見てみると、なかなかじんわりくるものがあります。撮影はだいきちの一番最初のパグ友げんたファミリーにも友情出演いいただきました。ワンコは人間よりも寿命が短いので、その分太く濃く生きてほしいなと、ほんとにただそれだけです。今年は、よくイベントに来てくれていたお友だちのパグちゃんや、オンラインでノリよくいつも企画に参加してくれたパグちゃんが亡くなってしまって、改めてそう思います。

 

(中継ぎ)パグ・ファントム2020

コロナで大人数のイベントが自粛ムードだった中、少人数にしぼって開催した3ヶ月連続イベントの3回目のイベントが「パグ・ファントム2020」。自宅だとなかなか盛大にやりきれないハロウィン装飾を、みんなの力で盛り盛り豪華にしてしまおうという他力本願イベントでした。おかげさまで壁一面豪華にキラキラのハロウィン感を演出することができました。やっぱ大人20人くらいが力を合わせるれば立派なものができますね。みなさん最高でした。

 

(抑え)ドマソニ2020

いつもお世話になっているドナノマさん宅でのBBQ&ピザパーティにお招きいただきました。パグ&ピースのイベントに来てくれた方々同士が仲良くなって、こうやって別なところでいろんな企画が生まれていくのは嬉しい限り。今年は江ノ島行ったり、餃子食べに行ったり、よく遊んでいただきました。ネーミングのセンスも天才かと思いました。来年もよろしくお願いします。

 

(控え)愛犬の友最終号

愛犬の友の最終号パグ特集に何箇所かだいきちの写真も掲載していただきました。フレブルイヤーのだいきちは、みんなで江ノ島に遊びに行ったときのもの。

 

というわけで、太く濃く思い出たっぷりの2020年でした。来年も今年以上のパグ・コミュニケーションで楽しみたいと思います。

いろんな企画運営を一緒にやってくれるという方がいたらぜひ声をかけてくださいね。コラボとかも歓迎してます。それでは良いお年を!パグ&ピース!!

-Daikichi’s Life

Copyright© Pug & Peace , 2021 All Rights Reserved.