結果発表!パグ界の年末オブザイヤー決戦!!

投稿日:

エアオシッコなのに、周囲の目を気にして何もしてない電柱に水をかけたり、「また出てないしょー!」とわざとらしく独り言を言う行為のことを「エアー・オシッコ・アンド・ファイアー」と名付けてみただいきちです。

#流行らなさそう

さて。

11月下旬〜12月中旬、インスタにて募集したパグ界の年末3大タイトル「ウンチングスタイルオブザイヤー2020」、「アゴのせオブザイヤー2020」、「横顔たまらんオブザイヤー2020」の結果がついに出揃いました!

今年は、3つ合わせて1500を超えるエントリーと大いに盛り上がってうれしい限りでした。

投稿してくれた方も、「たまらーん!」や「Have a nice BEN!」とコメントして盛り上げてくれたみなさまも、みんなで作った企画だったと思います。

それでは、今年のグランプリと入賞作品の一挙公開!審査員評とともにお楽しみください!

 

 

ウンチングスタイルオブザイヤー2020


オブザイヤーの歴史の中で最も伝統あるウンチングスタイル部門。いずれ劣らぬ傑作ぞろいで、回を重ねるごとにみなさまのウンチングフォトグラファーとしての腕前も磨きがかかってきているのを感じます。

審査員一同ウンウン唸りながらひねり出した2020年現在のウンチングスタイルの最高到達点がこちらです。

 

グランプリ

審査員コメント
  • 股関節の屈折をしっかりと意識した丁寧なスクワット!オブザイヤー受賞に相応しいスタイル!
  • はんなりと前脚を前後にずらしてつき、可憐な潤いを帯びた瞳で虚空を見つめるその姿。そのたおやかな佇まいと裏腹に実は下腹部に強い圧がかかっていることをつゆとも感じさせないギャップ萌えウンチングスタイル。王者にふさわしい美しき姿です。たとえそこがトイレでなくとも、光差しこむダイニングの真ん中であろうとも、そんなことは問題ない、むしろセーフなんだと思います!
  • ただ一点を見つめる強い眼差しと丸まったカラダ。力強さと美しさと同時に くすりとくるその姿を我々は愛して止まないのです。まるで貴景勝関を思わせるスタイルのさきこさんに軍配が上がりました。優勝おめでとうございます!今後もフリーダムなNICE BENを期待しています。
  • これぞ模範的なお相撲スタイル!これまで人生を生き抜いてきたプライドと余裕すら感じさせる横綱の貫禄。土俵に立ったら男も女も関係ない。「うんこらどっこいしょ」そんな声も聞こえてきそうでシニアの実力を見せつけられました。
  • ウンチングスタイルの“ネクストブレイクパグ”と評してもいいこの一枚。ここ何年間かコメントさせていただきましたが、ウンチングスタイルもここまで来たかと、正直驚いております。時代の転換期(ルネッサンス)に立ち会えた感動でいっぱいです。このパグちゃんからは西洋絵画のような芸術的な美しさを感じてしまいます。麻婆豆腐でいうと、赤坂の『陳麻婆豆腐』さんのような、誰もが美味しいと言ってしまう“芸術的な最高到達点”に達しています。「例えここがお洒落な場所であっても、もよおしてしまったらもう後には引けない。」このパグちゃんからは決意と、その隣り合わせにある緊張感、まさに西洋美術の“光と影”(キアロスクーロ)を感じました。これこそ激動の2020年を締めくくるオブザイヤーにふさわしい1枚だと断言します。
  • 「勝負の後は骨も残さない…」という気迫たっぷりのこのウンチングスタイルから世界最高峰のFUNと感動が生み出されました。「ウンチングスタイルオブザイヤーにおいて、僕らが撮ったり撮られたりしてるのは、写真ではなくプライドである」そんなことを改めて認識させられる一枚です。コロナ禍の2020年、プライドを持った生き方とはなんなのか、写真の中から問いかけてくるようです。これからも、ヒマラヤほどのフンを片手に、おもしろいことが量産されることに期待しています。Have a great BEN!
その他入賞作品

 

この投稿をInstagramで見る

 

potato89pug(@potato89pug)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

I'm NUTS‼︎(@nuts.0523)がシェアした投稿

お気に入りの作品を集めてお散歩ウンチソング「Everyday Have Fun!」のMVも作成予定なのでそちらも乞うご期待です!

 

 

アゴのせオブザイヤー2020


続いて、2度目の開催となるアゴのせ部門。「パグ道とはアゴのせることと見つけたり」とはよく言ったもので、パグのアゴのせ行為には、単なるかわいさだけにとどまらない「道」を感じます。

「道」を極めたグランプリはこちら↓

 

グランプリ

審査員コメント
  • 下のパグちゃんにとっての適度な負荷を与えるアゴのせレジスタンス!下のパグちゃんの今後の首周りの発達に期待!
  • 何かと緊張を強いられたこの1年、無意識のうちに力の入ってしまっていた身体をふ~っと緩めてもらいました。信頼して支え合う、それが大事なんだよ。love & peaceそのもののアゴのせをありがとう。
  • パグがパグにアゴをのせる多頭飼いにしか見られない微笑ましいスタイル。何か言いたげな顔とくしゃっとしたお饅頭フェイス。パグらしさがギュッと詰まった何とも愛くるしいナイスオンは審査員の心もロックオン!!
  • 世の中、2つ揃うことでお互いがお互いの魅力を引き出し合って感動を生み出すことってたくさんあると思うんです。この写真は例えるのであれば、麻婆豆腐の豆鼓醤と青花椒のような、漫才師のツッコミとボケのような、中山美穂とWANDSの『世界中の誰よりきっと』のような、お互いがお互いのポテンシャルを最大限まで引き出し合っている最高の1枚と言えるでしょう。アゴのせパグちゃんのうっとりとした表情と、アゴのせられパグちゃんの迷惑そうなんだけどこれはこれで気持ちいいといった表情。この2パグちゃんの間に挟まれたい…!この世界にどっぷり浸かりたい…!何度もこの写真を見てしまう、いや魅せられてしまう、そんな一枚でした。私は贅沢者ですね。
  • パグたちは本当に、いつでも探しています。どっかにアゴのせるところを。外出先でも、部屋の中でも、それによっててんでラクできるはずもないのに。そんな中たどり着いた究極のアゴのせがこの一枚。みんなが想っていた「願いがもしも叶うなら 今すぐ君の顔へ」をついに実現!のせれないのはもう何もない!すべてかけてアゴのせてみせるよ!ナイスオーン!!
その他入賞作品

 

この投稿をInstagramで見る

 

@bk_himeがシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

あんず?2歳(@anzupagu)がシェアした投稿

 

 

横顔たまらんオブザイヤー2020


2020年から新設された横顔たまらん部門。「つまらん毎日にたまらん横顔を」と言わんばかりに本当に多くの横顔エントリーをいただきました。みんなで声を掛け合った「たまらーん!」はパグ界の今年の流行語と言っても過言ではないと思っています。

 

グランプリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukako Katayama(@yukakokatayama)がシェアした投稿

審査員コメント
  • 遠く見つめるは、減量中が故のおやつか!?輝くステージに立つには、ストイックな減量が故に、眠れぬ夜もあっただろう。
  • 年末になるとソワソワするこの季節。クリスマスのキラキラ感と平らなぺちゃ鼻で師走の忙しさも忘れる完璧な横顔。黒の背景をバックに黒パグをキレイに撮るカメラワークもたまらーーん1枚です。
  • ちょっとオブザイヤーすごいことになってますね…。とんでもないパグちゃんが現れました。このパグちゃんの横顔で魅せる表現力は凄まじいですね!名古屋の『四川』さんの麻婆豆腐のような表現力です。夜空の下で、明日を想うような瞳と、外出先からまだ帰りたくなさそうな切ない表情…。「この幸せな時間よ、どうか止まってくれ」そんな風に願ってしまいそうになる、心をギューッとされる一枚です。なぜか初恋の彼女とイルミネーションを見に行って、手も繋げなくて帰った日のことを思い出しました。ありがとうございました。
  • 2020年はコロナ禍における楽しみをとの思いから「パグの横顔たまらん協会」が発足した記念すべき年でした。どこか暗く、つまらん雰囲気の世の中に、たまらん横顔で多くの「たまらーん!」が生まれました。横顔たまらんオブザイヤーは、写真を撮ること自体の難易度はそう高くない分、ロケーションやシチュエーション、そこから広がるストーリーが重要な評価ポイントとなります。この一枚は、下を向いてばかりで、見上げることを忘れてしまった2020年の世界に、「星はあるんだ」、「見上げてみろよ」と力強くうったえてくるようでした。
その他入賞作品

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぽんた(@pon.pon.ponta89)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

?Satsuki?(@satsuki_pug_0529)がシェアした投稿

 

審査員のみなさま

オブザイヤーの名物ともいえる審査員コメント。今年もステキなコメントを出してくれたしんさいんよみなさまは以下の方々です。

  • パグ・マスカラス:抱っこをしてもらうといいことがあるとかないとか言われている神出鬼没の覆面パグレスラー。最近は偽パグ・マスカラスの出没情報も。
  • 炎のマーボードーファー麻(マー)と辣(ラー)に魅せられた麻婆バカ。あらゆるものを麻婆豆腐にたとえずにいられない。
  • ライアンくんママさん:Pug & Peaceのアンバサダーも務めるライアンくんママさん。「たまらーん!」や「Have a nice BEN!」のコメントでもオブザイヤーを大いに盛り上げてくれました。
  • こたろうくんママさん:写真のセンスもさることながらコメントのセンスも抜群!2年連続でコメンテーターも務めていただきました。
  • 大吉くんママさん:初代ウンチングスタイルオブザイヤーのチャンピオン 大吉くんのママさんが今年もコメントを寄せてくれました。ウンチングスタイルよ永遠に!

 

 

また来年会いましょう

というわけで、今年のオブザイヤーはこれで終了です。グランプリのみなさまには何か副賞をお送りしておきます。

パグ座りなど、その他の分野でもオブザイヤーの開催をとの声も多かったので、2021年は夏くらいにまた別のオブザイヤーでも考えてみようと思います。

ウンチングスタイル、アゴのせ、横顔たまらんに関してはまた来年の年末に。

それではまた来年楽しくお会いしましょう!Pug & Peace

 

-Event

Copyright© Pug & Peace , 2021 All Rights Reserved.